2013年1月22日(火)〜1月22日(金)に京都市で開催された「暗号と情報セキュリティーシンポジウム(SCIS2013)」
http://www.iwsec.org/scis/2013/index.html  において,
本研究領域の「耐タンパディペンダブルVLSIシステムの開発・評価」(立命館大,産総研,三菱電機,名城大)の
研究成果として以下の12件の講演発表を行いました.
なお,本学会の技術展示においては,産総研が開発した,
・最先端の28nmプロセスFPGAを実装したサイドチャネル攻撃評価環境「SASEBO-GIII」
・サイドチャネル攻撃の教育用評価ボード「ZUIHO」
のデモンストレーションを行いました.

【立命大】
・1E1-4
耐タンパ性向上のための乗算マスクとDual-Rail RSLメモリ方式を用いたAES暗号回路の設計
○鵜飼 慎太郎(立命館大学大学院 理工学研究科) HOANG Anh-Tuan(立命館大学大学院 総合理工学研究機構) 汐崎 充(立命館大学大学院 総合理工学研究機構) 浅川 俊介(立命館大学 理工学部) 橋本 祐樹(立命館大学大学院 理工学研究科) 藤野 毅(立命館大学 理工学部)
・1E2-5
AES暗号回路の設計・評価を効率的に行うサイドチャネル攻撃耐性検証法の一考察
◎伊藤 弘樹(立命館大学大学院理工学研究科) 汐崎 充(立命館大学大学院総合理工学研究機構) 藤野 毅(立命館大学理工学部)
・2D4-4
機械学習による遅延時間差検出型アービターPUFモデルを用いた認証方式
○小川昂佑(立命館大学大学院) 汐崎充(立命館大学大学院) 藤野毅(立命館大学)
・2D4-5
認証と乱数生成利用のための遅延時間差検出型アービターPUFの最適化手法
○寺村 匡弘(立命館大学) 汐崎 充(立命館大学) 岡本 卓朗(立命館大学大学院) 村山 貴彦(立命館大学大学院) 藤野 毅(立命館大学)
・3E4-1
電力・電磁波解析攻撃におけるオンチップ・キャパシタの影響評価
◎中井 綱人(立命館大学理工学部) 汐崎 充(立命館大学大学院総合理工学研究機構) 藤野 毅(立命館大学理工学部)

【産総研】
・2E1-5
The Implementation of Fuzzy Extractor is Not Hard to Do: An Approach Using PUF Data
○Hyunho Kang(National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST)) Yohei Hori(National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST)) Toshihiro Katashita(National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST)) Manabu Hagiwara(National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST))
・3E2-2
FPGA上のサイドチャネル攻撃対策済みAESに対するMIAの有効性評価
◎伊左次 優太(中央大学 理工学研究科) 堀 洋平(産業技術総合研究所 セキュアシステム研究部門) 今井 秀樹(中央大学 理工学研究科)

【三菱電機】
・1E1-3
スタンダードセルからの微小なEMリーク
◎菅原健(三菱電機) 鈴木大輔(三菱電機) 佐伯稔(三菱電機) 汐崎充(立命館大) 藤野毅(立命館大)
・2E1-1
セキュアな鍵格納とチャレンジレスポンス認証のための統合コプロセッサアーキテク チャ
◎清水孝一(三菱電機) 鈴木大輔(三菱電機) 鶴丸豊広(三菱電機) 菅原健(三菱電機) 汐崎充(立命館大学) 藤野毅(立命館大学)
・2E1-2
グリッチPUFを用いた鍵生成LSIの試作
○鈴木 大輔(三菱電機(株)) 清水 孝一(三菱電機(株)) 菅原 健(三菱電機(株)) 汐崎 充(立命館大学) 藤野 毅(立命館大学)
・3E2-5
SRAMアクセスのサイドチャネル情報
○佐伯 稔(三菱電機株式会社) 鈴木 大輔(三菱電機株式会社) 菅原 健(三菱電機株式会社) 汐崎 充(立命館大学) 藤野 毅(立命館大学)

【名城大】
・1E1-1
イベントモデルシミュレーションによるサイドチャネル情報取得の効率化
○浅井稔也(名城大学) 吉川雅弥(名城大学)

(リンク先の論文の著作権は電子情報通信学会に属し,学会規定に基づく,著者の承認により本サイトに転載しております.)